タイトル

夜の果てまで

本

盛田隆二

◆あらすじ◆
大学生と人妻の愛の逃避行

●感想

 なんだか羨ましいような、悲しいようなお話です。美人な人妻との恋愛 なんて男が夢見る最高のシチュエーションの1つだと思います。でもね、 甘酸っぱいことだけじゃなくて、ちゃんと苦いことも描かれていて、楽しいことには それなりの対価が必要だということを教えてくれます。そして、恋がもつ 強力なエネルギーにも共感できました。形は違っても、誰かをもの凄く好きになった 経験がある方ならわかると思います。正しい選択肢を知っていても、間違った方を 選ばずにはいられないような、圧倒的な情熱の強さ。善悪の判断を超えた、互いの 強烈な欲求。たくさんの人を傷つけながら突き進む恋の行方は?苦くて本能が 理性を凌駕する、純愛小説。

【名言】

 ほんとうに申しわけないって思ってる。謝っても、いくら謝っても、 許してもらえないと思うけど、どうしようもなかったの。 あのね、お母さん、恋をしたの。



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.