タイトル

ST 警視庁科学特捜班 -黒いモスクワ-

本

今野敏

◆あらすじ◆
人並み外れた性能を持つ5人が大活躍

●感想

 色物です。珍しいものという意味じゃなくて、ゴレンジャー的なやつってことです。 赤城、青山、黒崎、翠、山吹の色を冠する氏名の彼らが特捜班のメンバーで、 それを統括するのが百合根班長です。メンバーはそれぞれ飛びぬけた才能があり、弱点があります。 班長の百合根はそんな一筋縄ではいかない彼らをなんとかまとめようと日々悩み努力しています。 気苦労が絶えませんね。でもこの百合根実はキャリアで偉いんです。そのためか、彼らは望むと、 望まないとに関わらず現場にいくと結構冷遇されます。まぁ班長以外は別に気にしないのですが。 なんだかんだで優秀だから事件を解決し徐々に認められていきます。 能力物が好きな方にはおすすめ、一風変わった警察小説!

【名言】

準備中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.