タイトル

武士道シックスティーン

本

誉田哲也

◆あらすじ◆
2人の剣道少女の成長物語

●感想

 ウチの会社の社長一押しの小説!確かに面白い!話は2人の対照的な剣道少女、 それぞれの目線から描かれていきます。1人は剣道に全てを懸け、 1人は日舞がないからしょうがなく、というスタンスでそれぞれ剣道をしています。 誤解がないように言っておきますが、後者も決して剣道をなめてるわけではありません。 互いに干渉しあい、人間的に成長していきます。親友とはなんなのか? 様々な形があると思いますが、この2人は間違いなくお互いに親友と呼べる仲です。 エイティーンでは周りの人たちの、サイドストーリーが展開されます。それぞれの話が 本編とは違ったテイストになっていて、一冊で色んな誉田哲也を味わうことが出来ます。
眩しくて思わず目をそらしたくなる、熱血剣道小説!

【名言】

世のためを思い、他人を敬い、精進を怠らない・・・・・そういう心得に行き当たる。 最低、その三つを忘れなければ、人はどこでも、いつの時代でも生きていける。 逆に、その一つでも欠いたら、そいつに生きる資格はない。



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.