タイトル

廉恥

本

今野敏

◆あらすじ◆
ストーカー殺人か!?真実はいかに

●感想

 今野敏の樋口顕シリーズ最新作。前作ビートから14年の月日が経っているようです。今作の解説を見たらビートは今野敏史上最も力を入れて書いた作品らしいです。確かに面白いので合わせて読んでもらいたいです。
 樋口刑事も警部に昇進していました。ただ性格は変わらず謙虚なままです。帳場がたてば捜査幹部である捜査一課長や理事官と現場のメンバーとの間に立ちます。その上で自ら捜査にも加わります。マネージャーの鏡です。どこかのアレに爪の垢でも煎じて飲ませたいです。バケツいっぱい。
 事件は若い女性の自宅で起きます。被害者は過去にストーカーや痴漢に遭い警察に相談していました。そこで警察ではストーカー殺人の線で捜査を開始します。段々明らかになる事実、最初に上がった容疑者は全て空振りでした。真犯人は一体誰か、ぜひ読んで確認してください。
 印象に残ったシーンがあります。メインの事件と並行して樋口家のちょっとしたトラブルがあります。それである警察官が樋口家に訪れるわけです。その警察官は樋口に憧れを抱く警察官でした。樋口がある企みをするのですが、見事にこの警察官は樋口の企みに気づきます。そして樋口は言います。「君は、必ずいい刑事になれる」自分が尊敬している人からこんなこと言われたら天にも昇る気持ちでしょう。私も言われみたい。
 やっぱり安定して面白いです。期待して読みましたがちゃんと期待に応えてくれました。ビートで気を張った分本作はそれに比べれば肩の力を抜いて書いたと解説にありました。手を抜いたという意味ではもちろんないでしょう。ビートはもちろん面白いのですが、これも負けずに面白いです。読んでみてください。

【名言】

 我々警察官は、法と規則の中で生きている。情よりも法を優先しなければならないことが多い。それを覚えておいてほしい。



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.