タイトル

長い長い殺人

本

宮部みゆき

◆あらすじ◆
ある事件を財布目線から

●感想

 最近ググって出てきた面白いと評判の本がこれです。私にとって宮部みゆきといえば火車です。そして世間的にもう1つの代表作である模倣犯も読みましたがこちらはハマりませんでした。果たして今作は火車並みか模倣犯並みか!?
 うん、普通でした。模倣犯より面白くて火車よりは面白くない感じ。いや模倣犯は長い割に面白くないから、純粋な面白さという点では一緒かもしれません。ただ財布を擬人化しその目線から物語を語るというのは斬新でした。ただたまたまですが最近伊坂幸太郎の『ガソリン生活』を読んで、これも無機物の擬人化をしていたので無機物を擬人化してその視点から物語るという点には驚きはさほどありませんでした。そうではなくてこの短期間に2つもそういう小説を読んだ、このことに驚きました。シンクロニシティとでもいうのでしょうか。
 1つの事件に対して語り部は1章1章変わります。つまり様々な人の視点から物語が語られるのです。正確に言えば様々な人の財布の視点からですが。事件を具体的にいうと保険金目当ての交換殺人です。容疑者は殺されたそれぞれの配偶者で、あからさま過ぎて当然のように疑われました。容疑者の目的はなんだったのか、真犯人は誰なのか、ここがポイントです。
 ちょっとネタバレになってしまうかもですが、話的に模倣犯に似ています。犯罪を周知したいのかしたくないのか。どちらにせよ結末は一緒です。悪は暴かれます。また人の心を掌握する人間が出てくる点も一緒です。そんなこと考えてたら火車にも似てる点も思い出しました。どこかの感想でも書きましたが、やはり小説家のクセというのはあるものですね。

【名言】

 考え中…



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.