タイトル

報い

本

堂場瞬一

◆あらすじ◆
違う年に起きた3つの事件が複雑に絡み合う

●感想

 あらすじの通り3つの事件が絡み合うため、考察も行ったり来たりします。ややこしいです。今何番目の事件の調査をしているの?話をしているの?となってしまいます。最後の終わり方も納得がいかないし、動機がちょっと弱いと思いました。
 主人公は2人で直上派の沖田と慎重派の西川です。タイプの違う2人は捜査方針でぶつかりながらも良いコンビです。周りの同僚たちの個性もきちんと描かれており、キャラ設定は良いと思います。ただ話が面白くない。読解能力が足りないかもしれませんが、もっとわかりやすいのが好みです。今野敏の方が好きです。
 堂場瞬一といえば作家でも大御所に分類されると思いますが、あまり好きになれないです。複雑にしすぎて読むのに時間かかるし疲れます。再読の可能性は極めて低いです。

【名言】

考え中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.