タイトル

共犯捜査

本

堂場瞬一

◆あらすじ◆
2つの誘拐事件を解決

●感想

 特捜本部に続いて堂場瞬一の本です。主人公の皆川は本部の一課刑事。舞台は福岡。どうやらこのシリーズは続き物のようでちょいちょい前の作品でおそらく一緒だったろう刑事が出てきます。そして前の作品は面白そう。なにはともあれ今回は誘拐事件の話。
 誘拐事件なんてものは数ある犯罪の中でも珍しいものです。そして犯罪者側からしたら割に合わないそうです。リスクと労力が大きい割に成功率も高くない。奪える額だってそんなに多くはないのでしょう。もしかしたら銀行強盗の方がマシかもしれませんね。陽気なギャングがやるくらいだし。
 その珍しい誘拐事件が本作では2つも起こります。2つの事件に関係はあるのか、ないのか。まぁ小説にするくらいだからそこはあるに決まっているのですが。ただ話の筋は中々読めません。中々読めない割に解決した時のカタルシスはそうでもなかったです。「あ、そういうことね」くらいです。ここまで書いてて思いましたがあんまり面白くなかったようです。長い割に。ん〜最もいけないやつですね。つまらないならせめて短くなきゃ。
 大して書く感想もありません。普通の刑事小説です。読みたかったら読んでください。あまりお薦めはしません。

【名言】

考え中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.