タイトル

告白

本

湊かなえ

◆あらすじ◆
娘を生徒に殺された教師が復讐する話

●感想

 湊かなえといえばコレの気がします。救いがなく、決して爽やかな 話ではないです。イメージとしては暦でいうと6月、色でいうと灰色、 音でいうとサー、という感じです。ご理解頂けましたか。性懲りもない マザコンの中二病少年が理性的な大人に復讐されます。その方法が狡猾で 面白いです。あくまで自業自得という形で復讐を完遂する教師に鳥肌が立ちます。 教師という立場よりも、娘を殺された母親という境遇の方が圧倒的に強い のでしょうね、当たり前ですが。教師は辞める時に、最初の復讐として 彼らがいじめられるように仕向けます。新任の教師は明るく天然な理想に燃える 教師で陰険ないじめに気付きません。1人はこの教師によって追い込まれて しまいます。もう1人は直接的な暴力を受けますが、一発でいじめっ子どもを 黙らせます。この方法はなかなか衝撃的なやり方です。実践できる人は少ない でしょうが。冒頭で書いたように爽やかですっきりする小説ではありあません。 ですが面白いことは確かです。復讐を果たす薄暗い達成感を味わえます。

【名言】

考え中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.