タイトル

欠落

本

今野敏

◆あらすじ◆
同期が立てこもり事件の身代わりに

●感想

 同期シリーズ第2弾。今回はまた違う同期が登場します。もちろん蘇我も関わってくるけどね。今度の同期はSITの一員・大石。女性警察官で蘇我と宇田川と一緒によく飲みにいったそうな。彼女の初陣が物語の始まり。立てこもり事件が発生し犯人は人質の交換を受け入れた。その人質交換の交換要員が大石だった。大石のことが心配な宇田川だがある事件の捜査本部に詰めることになるのだった。心配!でも仕事に集中しなきゃ!という状況。
 今回も刑事事件に公安が関わってきます。なんなら刑事の捜査は×××です。前回の捜査から少しづつ刑事として覚醒しつつある主人公・宇田川ですがここでも勘が「ピキーン」ときます。そうまるでニュータイプのように。だがここでちょっとした問題に突き当る。特捜本部で組むことになった警察官が勘といったものを否定しスタンドプレーを嫌い、駒は駒としての働きに徹するべきだ、という考えを持つ警察官だった。相手はベテランの警察官で上下関係が厳しい警察組織においては、当然宇田川が従うべき立場だ。だが最初の予測が当たると徐々に態度は軟化する。ボン(宇田川の愛称)の考えがバカに出来ないものだと認め始めたのだ。事件を捜査する2人はやがて真相に近づいていく。
 前作にも言えることですがこの小説の特徴の1つとして相方になる警察官から学び、成長していく、という流れがあります。つまりサブキャラクターも魅力的だということです。若手の宇田川は捜査本部に行くと大抵ベテランの所轄の警察官と組むことになります。このベテランというのが中々クセと味がある。この人たちが宇田川に影響を与え、宇田川もこの人たちに影響を与えている。理想的な関係ですね。若手とベテランという組み方を考えた人もきっとこういう効果を狙ってのことでしょう。まんまと策にはまってます、この2人。もちろん良いことですよ。
 物語は予想だにしない方向に進みます。あ、そういうこと…と納得させてもらえます。ハラハラドキドキありの、推理ありの、いろんな要素が詰まった小説です。ちゃんと蘇我出番もあるので前作でファンになった人も安心して呼んでください。

【名言】

準備中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.