タイトル

風が強く吹いている

本

三浦しをん

◆あらすじ◆
箱根駅伝を目指す!

●感想

 ただ同じ寮に住む陸上競技無経験の10人で箱根駅伝を目指すというのは、 大学の陸上関係者からするとありえない話なんでしょうね。でも僕はそうじゃないから関係ない! 面白い!もうね、年に1回は読みたくなりますね、年末年始に。さてこの10人なんですが みんな個性的で、走る理由も人それぞれ。自分の意思じゃなくて、半ば脅されて走る人もいますけどね。 主人公のハイジはやさしく意見を笑顔でごり押しするタイプ。監督兼マネージャー兼主将兼寮長という立場です。 そして第2の主人公のカケルは走ることには特化してますが、まだまだ人間的に未成熟です。 2人の掛け合いには何度もゾクッとするような場面があります。走るとはどうゆうことか、 長距離ランナーにとって最高の褒め言葉とは?
襷で繋ぐ仲間との絆、駅伝青春小説!

【名言】

 灰二:長距離選手に対する、一番の褒め言葉がなにかわかるか

  走:速い、ですか?

 灰二:いいや。「強い」だよ



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.