タイトル

火車

本

宮部みゆき

◆あらすじ◆
甥の婚約者が突然失踪した、その理由は

●あらすじ

 足の怪我で仕事ができない警察官の主人公に、しばらく会ってなかった甥が頼み事をもってくる。 その依頼というのは、失踪した彼女を探して欲しいとのことだった。渋々ではあるがこれを引き受ける主人公。 彼女の足取りを遡っていくうちに、見えてくる真実。彼女の失踪した理由はなんなのか。

●感想

 宮部みゆきの作品はこれが初でした。有名すぎるくらい有名なミステリー作品です。 ひたすら失踪した甥の彼女を追っかける話ですが、とても面白い。少々ご都合主義的な所もありますが、 飽きさせることなく一気に読ませてくれました。終盤の決定的な情報をつかんだ時はぞわっとしました。 ぞわっとする意味は読んで確かめてください。きっと「ここだ!」ってすぐ気づくと思います。 第2の主人公ともいえる彼女が出てくるのは一瞬。こんな独創的な書き方が出来る宮部みゆきの発想力たるや、ですね。 ←何様つもり?って自分でも書いてて思ってるんでツッコミ不要です。

【名言】

 考え中…



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.