タイトル

時効警察

本

三木聡、etc...

◆あらすじ◆
時効になった事件を趣味で捜査

●感想

 テレビで何となく見たことあるようなないような作品でした。オダギリジョー主演だったのは何となく覚えてます。結論から言えば多分テレビで見た方が面白かったと思います。コミカルな動作のシーンとかあるんですがいまいち面白さが伝わってこない。私の想像力が足りないのが原因かもしれませんが。
 話は短編小説のようになっています。ただ話ごとに主人公や環境が変わるわけではなく追いかける事件のみ変わります。主人公は警察官で時効管理課所属。いろんな警察小説を読んできましたがこの課の名前は初めて聞きました。お仕事は時効になった事件の後処理。具体的に言うと捜査の際に必要だった物品などの返却などです。他の警察小説の警察と比べるとかなりいい加減で楽しく仕事をしています。警察の中にもこんないい加減な課が1つくらいあってもいいかもしれませんね。
 1番印象に残った話は居酒屋のママの話です。ちょっと異質で時効を迎える前に解決する話です。さらにこの話に限っては霧山が主人公というよりも彼の同期の一文字刑事がそれでした。コミカルな話の中にポンっと真面目な話が入ってくるのって印象に残ります。こち亀で言えば檸檬の幼稚園の話。幼稚園で飼っていたハムスターを殺され、両津が逮捕令状なしに犯人をボコボコにするシーンは震えました。あの話たまに読みたくなります。
 だいたい私が感想の中で漫画やゲームやアニメの話を持ち出すのはその小説にハマらなかったときです。これもご多分に漏れていません。なまじページ数もあるからタチが悪い。もうちょっと霧山とヒロインの恋愛要素があれば楽しめたかもしれません。

【名言】

ばれるから罪じゃない。ばれない罪こそ背負う罪なんだよ



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.