タイトル

隠蔽捜査5.5 -自覚-

本

今野敏

◆あらすじ◆
大森署管内にてたてこもり事件が発生

●感想

 隠蔽捜査のスピンオフ2作目です。各課長や副署長、管理官、キャリアの後輩、戸高達のお話。これを読むと大森署ではだいぶ竜崎イズムが浸透していることがわかります。竜崎への信頼感はうなぎ昇りです。部下に迷ったり悩んでいることを相談された折には、「何を悩んでいるのかわからない」と言い、いつもの合理性に裏打ちされた圧倒的正論で答えます。すると部下は一体自分は何を悩んでいたんだろう?と晴れ晴れした気持ちになり、前に進みます。まさに理想的な上司ですね。
 面白かったのは戸高の話。警察庁からのお達しで検挙数と検挙率を上げろ、とのこと。現場の人間たちは上が馬鹿だと困ると一蹴。しかし縦社会警察において上の命令は絶対。というわけで現場の人間たちは言われた通り命令に従います。「どうなっても知りませんよ」の不吉な言葉とともに…そして結局とんでもないことになり、竜崎が「いつも通りやれ」と言い、事を収めます。警察はちゃんと働いています。検挙数や検挙率が落ちていると世間では問題になっているようですがこれにはカラクリがあります。マスコミの報道を真に受けてはダメですね。自分で考えなきゃ。
 あとはキャリアの後輩で竜崎が惚れかけたというか惚れた女・畠山の話。スカイマーシャルの訓練に参加させられます。男5人の中に女1人。しかも自分だけキャリア。はい、仲間外れ決定です。姫川にしても内海にしても女性警察官というのはそれだけで下に見られがちです。警察は依然として男社会なのです。まぁね、荒事があるからね、そりゃ男性の方が活躍する機会が多いに決まってますよね。吉田 沙保里ならね、男も一目置くでしょうが。「あなたは死なないわ、私が守るもの」とか言ってくれたら他の女性警察官とは安心感が違いますね。
 スピンオフ作品ですが結局は竜崎が活躍します。そして皆からは竜崎がどういう風に見えているかがわかります。警察官って大変★って思いながら読んでください。

【名言】

考え中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.