タイトル

隠蔽捜査

本

今野敏

◆あらあらすじ◆
警察官僚・竜崎伸也が正義を貫く

●あらすじ

 竜崎伸也はキャリア警察官。階級は警視長。役職は警察庁長官官房総務課課長。 キャリアとして独特の信念と矜持をもち、東大以外は大学ではないと考え、家の事は全て妻に任せ、自分の責務は国を守ることだと自負している。 建前と本音の垣根がなく、常に当然に正しい事を貫く。 周りからは変人扱いされ、妻にはどれだけ世間との考え方に乖離があるのかを諭されるが、本人には全く自覚がない。 ある時、服役を終えて社会復帰した人間を狙う連続殺人事件が発生する。 事件が起こる日のパターンから、警察にとって都合の悪い人物が容疑者として浮かび上がる。日々マスコミの対応に追われる竜崎に今度は家庭の問題が発生する。息子が薬物に手を出していたのだ。 幼馴染であり、同期の刑事部長・伊丹からは警察のため、家族のためにも隠すように助言されるが… 苦悩する竜崎が出す答えとは?

●感想

 確かに変人ですが、とっても魅力的な人物なんです、この人。 楽な選択肢よりも、正しい選択肢を選べる人なんです。 全てのキャリアがこうゆう人だったら税金の払い甲斐もあるというものです(僕はそんなに税金払ってるわけじゃないけど)。 今ちょっとしたブームになってる、勧善懲悪の話でさっぱりした読後感を得られます。スカッとしたい人は是非。

【名言】

ばかを言うな。国を守る俺たちが楽できるはずがない



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.