タイトル

偉大なる、しゅららぼん

本

万城目学

◆あらすじ◆
琵琶湖の力を持つ一族の話

●感想

 初めて読む作家の本です。室積光の本が凄く面白くて、この人の本を読んでる人にはこの作家もおすすめとgoogle先生に言われたので読んでみました。結構特殊な設定物が多いみたいです。本裏の作品紹介読んだら面白そうでこの本から読み始めました。
 面白かったです!特殊な設定もすんなり受け入れられました。主人公たちの日常の生活も面白いし、メインストーリーとなる敵との戦いも面白かったです。能力物に良くある個人の能力差も漫画チックで面白かったです。
 色々設定があり、先に事象で後で説明のため2回目読んだ時により楽しめるかもしれません。その設定は琵琶湖から力をもらっているということ。2つの一族があり、それぞれ能力が違い昔からずっと争ってきたこと。などなど。
 黒幕は意外な人物でした。そして理由ももっともなもので、同情したくなるものでした。クライマックスは迫力があり、最後の終わり方も良く、黒幕にも救いがありました。総合的に面白い作品です。おすすめです。

【名言】

 考え中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.