タイトル

本日は、お日柄もよく

本

原田マハ

◆あらすじ◆
一念発起してスピーチライターになる

●感想

 良い小説でした。読んでいて気持ちよくなる小説です。胸糞小説も嫌いじゃないですが、こういうのも好きです。相対的に胸糞小説の方が面白いことが多い気がします。いや、ただ単にそういう小説の方が多いだけかもしれないけど。爽やか小説は数もさることながら、面白いものに会う確率が低いです。
 小説を読む人は言葉に敏感な人が多いです。だから言葉が良い小説は読んでいるだけで気持ち良くなります。それに加えてストーリーも面白いとなればもう…主人公・こと葉はお菓子メーカーに勤める普通のOL。幼馴染の結婚式に出席し、大手社長のスピーチ中にあまりにも退屈すぎてスープに顔を突っ込んでしまう。顔を洗うため式場から出たこと葉はそこで運命を変える出会いを果たします。
 世の中色んな仕事があることがわかりました。言葉を仕事にするって素敵です。ただめちゃくちゃ大変そうでした。間違いがあってはならないし、言葉が出てこない時もあるでしょう。日頃から膨大な量の資料を読み込み、言葉の勉強をする必要があります。時流にも敏感でなければなりません。やることいっぱいです。
 ラストシーンもたまりません。予定調和かもしれませんが、それでも面白いのです。美しく終わります。泣ける小説が好きな人、読後に爽快感を得たい人、言葉好きな人にオススメの小説です。

【名言】

 愛せよ。人生において良きことはそれだけである



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.