タイトル

ヒートアイランド

本

垣根涼介

◆あらすじ◆
大金を奪い合う

●感想

 ネットで評判が良かったため読んでみました。中々面白かったです。ですがまた似たような作品でした。何に似てるかというと真夜中のマーチです。真夜中のマーチの感想を書いた時は奪取に似てると書いたと思います。あれは割とスパンあったからいいけど今回は短かったのでより既視感がありました。
 渋谷でファイトパーティを主催するチーム雅のリーダー「アキ」。綿密な計画を立て裏カジノを襲撃するトリオ。カジノの元締めのヤクザ。雅がパーティを開催している地域をナワバリとしているヤクザ。この4つの組が大金を奪い合います。こういう金の奪い合い系の話では大体ヤクザの金を奪います。ヤクザの金を奪う→ヤクザに追われる→なんとかする。ほとんどこういう流れです。多分お金を奪うという行為は悪ですが、ヤクザがカジノで儲けた金を奪うならば、奪う側を応援することが出来るからだと思います。というかこうしないと小説になるような話になりませんしね。これが金を持っているとはいえ両親の生命保険で得た大金を奪う話だと、ただただ後味が悪い話になってしまいますね。でも現実的にはヤクザの金を奪うよりも言葉巧みに一般人から金を奪う方が楽だからオレオレ詐欺なんかが流行るんだと思います。小説の中の強盗は楽じゃないですね。
 私が読んだ似たような話ランキングは面白い順に「カラスの親指」「真夜中のマーチ」「ヒートアイランド」「奪取」です。4作品の中だったらカラスの親指がダントツです。カラスの親指を読んで面白いと感じ、似たような小説を読みたい人という人がいたら本作は薦めたい作品です。

【名言】

 考え中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.