タイトル

連続殺人鬼カエル男

本

中山七里

◆あらすじ◆
猟奇的殺人事件の犯人を捜す

●感想

 この小説のハイライトはなんといっても真相が明らかになるところです。最 後の一言に繋げるための緻密なプロセスに舌を巻きました。緻密な組み立てですが 「おいおいそれはないだろ」という所もあります。でも大丈夫です、面白いから。 それに絶対に起きないとも言えないようなことですし。そして主人公は結構戦闘 シーンがあるのですが、ミスターサタンばりのタフさです。いや精神が肉体を凌駕 した赤木状態なのかもしれません。そして身体を張る彼ですが、美味しい所は彼の 上役に持ってかれちゃいます。損な役回りです。
 この小説、ある問題についても提起しています。それを書くと犯人の目処ついち ゃうかもしれないので書きませんが。それじゃ納得できないだろうなって当事者に なったことのない私でもわかります。犯人のやったことを褒めることは出来ません が、同じ立場になったら自分もやっちゃうかもしれないとは思いました。誰かブ レーキをかけてくれる人がいるといいのですが。ちょっとグロくて、犯人以外のこ とも考えさせる、推理小説です。

【名言】

 復讐するのは神だ。人間じゃない



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.