タイトル

二重標的

本

今野敏

◆あらすじ◆
2つの事件を安積班が解決

●感想

 またまた今野敏小説に手を出しました。これもシリーズもので正統派警察小説です。舞台は東京都ベイエリア。主人公・安積の性格は真面目で部下思い。強気なところが樋口顕との違いかもしれません。ベイエリア分署の花形はハイウエイパトロールで刑事課は他の署のアシストにまわることが多い。そういう訳で刑事課は忙しい割に陽の目を見れない不憫なポジションなのです。
 やっぱね~会社って部署大事ですよね。どこの会社にも出世コースだったり、目立つ部署というのがありますからね。出世欲や承認欲求がない人は別にどうでもいいのでしょうが、普通は努力を認められたいと思うのが人の性ですよね。たまに努力をするよりも、努力してる風に見せる技術を上げることに腐心してる人もいますが。そうゆう人は置いとくとして。難しいことかもしれませんが、花形部署にいる人たちは驕らず、弛まず謙虚に仕事をすべきです。そして地味な部署の方々は腐らず、僻まず誇りを持って仕事をすべきです。うん、こうやって書くのは簡単ですね。でも実際に自分がどちらかの立場になったらそんな聖人君子面は出来ない気がします、人間が出来てないもので、私、まだ。
 部下がそうゆう思いをしないようにするのが上司の役目の1つだとしたら、この安積警部補は立派に役割を果たしています。部下の心情を慮って、常に働きやすいように気にかけてもくれます。こんな上司の下で働きたいですね。どうか皆さんの上司が安積さんのような人でありますように★

【名言】

考え中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.