タイトル

ドスコイ警備保障

本

室積光

◆あらすじ◆
引退した関取がリスタート

●感想

 連続して室積作品。面白いからです。今回は企画それ自体は実際にありそうな話です。話の展開はちょっとぶっ飛びますが。これは作中の力士の言葉ですが関取の人は引退するとただのデブになります。もちろん人生は関取が終わった後もまだまだ続くのです。しかもその後の人生の方が長いでしょう。
 これは関取に限ったことではありません。アスリートの寿命はほとんどのスポーツで30代です。だから野球選手だったらただ野球が上手いおじさんになるし、サッカー選手だったらただサッカーが上手いおじさんになります。現役が終わった後もそのスポーツに関わっていられるなんてのは一部の選ばれた人間だけです。
 だからアスリートの第二の人生の受け皿というのは需要があるはずです。セーフティネットはどんな業界にも必要。今回の話はそんな話。
 関取といえばパワー。安直かもしれませんが私はそう思います。もちろん体型は言わずもがな。そんな元力士という経験が活かせるのはどんな分野か。本作では警備会社を舞台にしています。警備の仕事は要人の警護であったり、ライブの交通整理であったり。パワーと大きな体の両方が活かせます。というわけでドスコイ警備保障は昇竜の如く業界を席巻していきます。
 あとは室積作品といえば恋愛。今回もあります。ただ今回はこの人とこの人くっつきそうだな〜の予想が見事に外れました。メインの話からすれば恋愛要素はほとんど蛇足みたいなものです。なくても別に良い気はしました。
 相変わらず面白いことは面白いのでオススメです。ただ私の中では最強のシリーズや水商には少し劣りました。少し劣りますが他の作者と比べれば面白いです。

【名言】

 いい時は『おかげさまで運よく』と思い、悪い時に『誰のせいでもない自分の努力が足りない』と思う。これが成功する人間の発想だな



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.