タイトル

DARK -下-

本

桐野夏生

◆あらすじ◆
ミロが御乱心

●感想

 面白くないです。なんかもう色々読んでて疲れます。読み始めたからには最後まで読まなきゃという使命感と惰性で読み切りました。
 感想書くまでにちょっと時間が空きました。印象もないんでほとんど覚えていません。そんなもんてことです。お金貯めて、逃げて、殺して、産んで…なんかもうめちゃくちゃです。ただただ破天荒な人生になったな~と思うくらいです。特に時間をとって読む価値はないです。
 それに引き換え、「H2」の面白さたるや!あ、あだち充先生のね。友達と会ったら最近H2を読んだって言ってて、話しだしたらしばらく読んでないのに名シーンが脳内に出てくる出てくる。明和の監督の話、ひかりのお母さんが亡くなるところ、3番中井、フラれた石元、柳と佐川のゲッツー、最後の英雄との勝負とその後の野田との会話…もう素晴らしい会話がてんこもりのすけ。あだち充といえば「タッチ」が有名ですが、私はH2が断然好きです★

【名言】

考え中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.