タイトル

オレたちバブル入行組

本

池井戸潤

◆あらすじ◆
5億円の不良債権を取り戻す

●感想

 お恥ずかしい限りですがTV入りです。読書好きを公言し、たくさんの本を読んできたつもりですがTVで『半沢直樹』を観るまで池井戸潤さんを知りませんでした。指導者失格です…じゃなくて読書家失格です。
 案外『半沢直樹』と違う点がありました。脚本の方は原作をリスペクトしつつも魅せる演出を上手く追加してると思いました。そしてあれだけあやしいと思ってた渡真利ですが、原作では全然あやしい感じはありませんね。同期みんな仲良しです。
 本の感想書かなきゃ。物語は大阪西支店の支店長・浅野と西大阪スチールの社長・東田にハメられて主人公の半沢が名誉と5億円を取り返す話。勧善懲悪で悪者と善人がはっきりとしています。もう出てくる悪人共がことごとくイヤなやつ。暴言吐くし、ズルいし、傲慢だし、虎の威を借りる狐タイプだし…こんな人間の風上にも置けないやつらを半沢がエイッ!技あり~★このクズどもがクズであるほど、こいつらを成敗した時のカタルシスは大きくなります。つまりバネですね。
 今作の大ボスの浅野には情状を酌量することにします。それは浅野本人ではなく、何も知らない悪くない妻と子供のためです。ためというよりは、情にほだされてしまったのでしょうね。そりゃね、奥さんにあんな風に迫られたら無慈悲にはなりきれません。半沢にも甘さというか人間味があるということです。まぁその対価として出世コースに乗るわけですから取引の側面もあったのでしょうが。
 噂通りの小説でした。スッキリしたい方にオススメです。出来れば時間がたくさんとれる時に一気に読むと、より大きな爽快感が得られると思います。

【名言】

 銀行員である前に人であれ



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.