タイトル

ST 警視庁科学特捜班 -青の捜査ファイル-

本

今野敏

◆あらすじ◆
今回は青山のターン

●感想

 ST色シリーズ最初の回は秩序恐怖症のスーパーイケメン青山翔の活躍を描きます。舞台はマンションの一室。事故?祟り?他殺?あらゆる可能性のある被害者の状況。検死官と真っ向から対立するも、真相の究明に尽力するSTの面々。物語の結末はいかほど~!
 というわけで、今回は青山にスポットライトが当たります。ま、そうはいっても大体青山はいつも活躍するけどね。能力の汎用性が1番高いのかもしれない。そしていつも通りのスタンスで別に事件に興味があるわけじゃない。心霊現象に興味津々のようです。そしてついでのように事件を解決します。それもスマートに。心理学者らしく容疑者にプレッシャーをかけて。
 心霊現象って本当にあるものなんでしょうか?僕はあんまり信じていないのですが、ウチの婆ちゃんがある人が死ぬ前に夜な夜な会いに来たと言って、実際その人は後日亡くなりました…ブルブル。婆ちゃんに会いにきたっぽいです。だから事象としては怖くてもなんかちょっといい話のような気がしますね。そしてそうゆうのって心配な人に会いに来るらしい。僕に会いに来る人もきっといるでしょう。なんせあらゆる人に心配かけてるでしょうからね、はい。
 新人警察官で長い物には巻かれろ精神のヤツが出てきますが、なんだか格好悪いヤツでした。結構そうやって生きてきたとこあるから気をつけなきゃ。たまには逆らってでも自分の意見を通すのが正しい場合があるってことです。ん~通せるかな~面倒くさそうだな~巻かれよっかな~…はいダメそうです。

【名言】

考え中



©Copyright 2014 Revel in the Novel All Rights Reserved.